42歳と9ヶ月から英会話学習を始めたオヤジの英語に関するあれこれ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドカンと一発お願いします! FC2ブログランキング
Lesson in a big school Part 2

さて、Ge●sのlesson styleはというと、

①始めにWhat's new?のfree talk?を10分から15分。
②その後、自然な話の流れからその日習うgrammerへ。
③教師の用意した問題を解いていく。
④最後に今週末の予定を各自話す。

そして、See you next week. となるわけである。

後々分かったが、このオヤジの教師Co●inは非常に授業の進め方がうまかったらしい。
他のクラスはtextを基に読んだり、textに載っている練習問題をやっていたらしい。
オヤジのクラスは、lessonが終わった後に ”あ! ここをやっていたんだ。” というような感じであった。それでも、きちんとやらなければならない事は押さえていた。
今になって、”う~ん、 なかなか出来る奴やったな” と感心のオヤジ。

オヤジにとってlessonの中で一番大変だったのは、Co●inが作ってくる問題。
textに載っているものであれば予めpreparationもできる。
解らない単語や熟語も調べる事ができる。

しか~しこのCanadian guy Co●inの奴、textに載っていない単語ばかり使った問題を作ってきやがった。(わざとしか思えんオヤジ。 あせるオヤジ)
しかも、時間制限はするは、またその時間がtoo short.

遠い学生時代の記憶や海外での事、その他あらゆる記憶を引っ張り出して答え探し (本当に答えを探す、予想するような感じ。クイズじゃないぞオヤジ!)

そうこうしている内に、Time's up! 
隣の生徒(医者)を見るオヤジ。そして、

”どうでしたか?” と話しかける。

”え! うんまぁ出来ましたよ” と医者。何と全問軽くclear!

他の生徒もほぼ全部出来ておりました。苦戦したのはオヤジ1人。
”うわぁ~。何じゃこりゃ。” と思っていると、順番に答えを言っていく事に。
自分の答えを見ながら、

”ここの答えは自信がある。この質問がまわって来い。”
と、懸命に念じるオヤジ。

しかし、こういう時に限って答えの解らない質問がまわって来るんですよこれが!

顔を真っ赤にしながら、必死に答えを探すオヤジ。でも解らんもんは解らん。結局、隣に聞く事に。
”フゥ~ッ。” 1人汗をかいていた。

こんな感じのこの頃のオヤジの授業風景。
しかし、恥をかいたところはやはり ”しっかり記憶に残っております”。

”恥をかいた量だけ英語が上達するのかもしれませんな。”

"Don't be afraid to make a mistake!"

と、改めて思う今日この頃のオヤジ。

スポンサーサイト
ドカンと一発お願いします! FC2ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bbsson.blog68.fc2.com/tb.php/13-7f78705c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。