42歳と9ヶ月から英会話学習を始めたオヤジの英語に関するあれこれ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドカンと一発お願いします! FC2ブログランキング
summer holiday 3

書籍フロアーを後にし、楽器フロアーに向かったわけであります。
ここの楽器屋は比較的品揃えが良く、店員もなかなか詳しい人が揃っております。
オヤジも近くに来た時は必ず寄るようにしているわけですが、
今だ、一度も買った事はございません。(笑)

楽器をやっている人は分かると思いますが、一度や二度触っただけで、
簡単に買えるものではないんです。特に、それが高価になればなるほどね。
それと、特にエレキギターの場合はアンプを使うわけですので、
ある程度大きな音を出さないと本当の音は分からないんですよ。
フロアーの隅でチマチマ弾いたくらいでは本当の音は出ないわけで、
本当はスタジオの様に、ガラスでしきって試せるスペースが必要なんですけどね。
まぁ、それはチョット無理な話ですので、基本的なことだけ試すぐらいしか出来ません。

オヤジは今までこの楽器屋へ行っても、一度も試し弾きはした事は無かったのですが、
なぜか今回は2種類ほどのギターを弾かせてもらいました。
何故か?......。
それはオヤジが行った時に2人ばかり、20台前半の若者が弾いておりまして、
その内の1人が、もう1人の連れにあれこれ説明しながら、弾いておりました。
要は、自慢しておったわけです。”オレは上手いんだぞ!” とね。

こうゆうのを見ると、ギター弾き魂がフツフツと湧いてくるオヤジであります。(笑)
変に対抗意識を燃やしてしまうんですねぇ~。大人気ない次第です。

そんなわけで、店員さんにまったく買う気は無いのに、2本も弾いてしまいました。
(ほんと、店員さんすいません。いつか買いますんで)

オヤジは、海外へ行くたびに色んな楽器屋へ必ず入ります。大小に関係なく。
その中でも、今全米で何箇所か支店のある "Guitar center" には必ず寄ります。

一番初めに行ったのは、LAに行った時であります。
かれこれ10年以上前の事でありますが、その時受けた驚きは今でもはっきり記憶にあります。
それまでは、日本の楽器屋しか知らなかったわけで、その規模の大きさ、
そして何よりそこで試し弾きをしている人達の上手さに驚かされた次第です。
やはり、音楽をやっている人口も違えば、競争率も違うわけです。
となれば、必然的に技術レベルも高くなるわけですな。
それが、アマチュアであってもレベルの違いは歴然でありました。
さすがのオヤジもそう簡単には弾けませんでした。(笑) 今は結構弾いておりますが。

そして、日本とアメリカの楽器屋の大きな違いがもう1つあります。
それは、ロスでもニューヨークでもこの"Guitar center" にはVintageコーナーが有り、
そこは、常時空調がしてあり良いコンデションをキープしてあります。
当然Vintageですので、高価なものが多く中には、150万を超える物もあるわけです。

普通、日本の楽器屋は150万まで行かなくても、Vintageと言われるものは、
ガラスのショーケースに入れてあり、自由には弾けません。
もちろん店員に話せば弾けない事もないですが、結構気を使うものです。
しかし、このGuitar centerの場合は、一般客みんな結構自由に気に入ったものを手にとって弾いております。
それが100万近いVintageであってもですよ!
一番初めにこの光景を目にしたオヤジは、”弾いてる奴みんな、店員か?” と思ったほどです。
好き勝手弾いて、何事もなかったように、また元の位置に戻してるんですね。
いやぁ~驚きました。また、店員も何も言わないし、ほったらかしです。(笑)
日本の場合は、高価なものを弾こうものなら、ずっと影のように側にいますから。(笑)
この辺、何か国民性の違いみたいな物を感じますなぁ~。

そんなこんなで、オヤジが弾いているとその若者2人は、いつの間にかどっかに消えていました。
(若者2人、すいません。大人気ないオヤジです。)
そうして、ふと気づくとオヤジの隣の隣で、今度は外国人の若者が弾き始めました。
コイツは上手かったです。ハイ。なかなか良い音を出しておりました。

オヤジ的には”チョット話でも”と思ったのですが、そこに店員が
”どうですか?” と話しかけて来てしまい、
”今はどんなギターを使われているんですか?”
”このギターはここがボリュームでトーンはここで調節して......”
等と色々説明してきました。
”そんなこと分かっちょるわい!” と言いたかったが、
”あぁ~そうなんだ。う~ん、ちょっと考えてみるよ。” と言って楽器屋を出てきてしまいました。

帰るときにまだその外国人は無心にギターをかき鳴らしておりました。
せっかく外国人の楽器仲間を作るチャンスだったのに、惜しい事をしました。

とりあえず、同じ趣味や話題があると初対面でも話を広げ易いですから
音楽の話や、まして同じ楽器をやっている事は1つのadvantageですね。
また、こんな機会があれば、今度は是非話しかけてみようと思っております。

(し、しまった! また今回も英語学習に関係のない話になってしまった。以後気をつけます。)

Cya!
bbsson

スポンサーサイト
ドカンと一発お願いします! FC2ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
お盆はいつも仕事でヘロヘロになるので、読み逃げ(笑)しておりました
今日は暑さで仕方なく起きましたが、9時間半も爆睡して元気回復(?)です

ギター・・・素敵ですね(私の長兄もギターを弾きます)
私も楽器は好きです(興味深々で機会があれば、色々と挑戦してみたい)
今はトランペットを練習してますが、なかなか難しいけど、楽しいです
練習曲も初めは「かえるの歌」とか「チュリップ」等、ド~ソの5つの音で出来てるものでしたが、今は低いソから高いレまで、たまに、まぐれで高いミが出せるくらいになり(変な音も出るけど・・・)「虹の彼方に」とか「紅葉】なんて吹いております(笑)

2006/08/18(金) 23:17 | URL | とまる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bbsson.blog68.fc2.com/tb.php/50-2045160b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。