42歳と9ヶ月から英会話学習を始めたオヤジの英語に関するあれこれ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドカンと一発お願いします! FC2ブログランキング
英語の音について。

今日は英会話学校の事はさておき、オヤジが2年半遅まきながら英語を学んできて思うい事を少し語ろうかな。

まずは、よく ”英語はリズムが大事” と言われる。
よくカミサンが ”あんたは小さい頃から楽器をやったり、バンドをやっていたから、英語が話し易いんだよ。洋曲もよく聞いていたから英語の音に抵抗が無いんだよ。” と言う。

う~んどうなんだろう? 今になって時々radioから流れてくる昔のRockの曲を聞いて、”あ~こういう意味だったんだ。” と解ることが多い。
Bandでやっていた頃はあまり意味などは理解していなかったし、発音なんぞはまったく気にしていなかった様に思う。
オヤジとしては、あまり英語を学ぶ(brush up) 上でプラスになっている実感はない。
けれども、確かにオヤジ自身は英語の音の響きは好きである。
が、それがプラスかどうかは???である。

以前、American guyにこの事を聞いたことがある。(He came from Washington D.C. And He already lives in Japan for ten years. Moreover, he has a japanese girl friend.)
彼も音楽が好きだ。そしてAmericaでの中学、高校の教員免許も持っている。日本での英語教育
キャリアも長い。その彼に聞いてみた。答えは、

"There is no relation between singing and speaking. No influence." との事。
これは、たぶん文法的な事を言ったのではなかろうか。

思うに、カミサンが言いたいのは、オヤジは ”英語の音に慣れている。” と言う事。音が重要なのだ。
日本語と英語では音の幅が大きく違う。この違いに日本人は戸惑い聞き取れないのだ。
この音の違いから来る弊害と英語のrhythmついてはまた次回に。

bbsson
スポンサーサイト
ドカンと一発お願いします! FC2ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bbsson.blog68.fc2.com/tb.php/6-15cadbb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。